今年いっぱいが期限

平成27年の労働者派遣法の改正から3年経過。
所謂派遣法の期間制限ルールの適用で、これに引っ掛かる最初の波がやってくる。
簡単に言うと例外はあるけど同じ事業所で3年超えて働くのがNGってことで。

自分の場合は3ヶ月更新を繰り返して来たので、この10〜12月が最後の契約更新。
で、年明け1月からどうするか、ということで今の派遣元の営業と面談を重ねてる訳なんだけど。
これも法律で派遣元は3年以上の派遣労働者に対して雇用安定措置ってのが義務付けられてる。

具体的には以下の①〜④のいずれかの措置。
①派遣先への直接雇用の依頼
②新たな派遣先の提供
③派遣元での派遣労働者以外としての無期雇用
④その他雇用の安定を図るための措置(紹介予定派遣など)

先日の営業との面談では、以前は①という話だったんだけど派遣先の人事異動などで担当者が変わったりで直接雇用の話はなくなったとか。
③は派遣元で選択肢にないそう。私もコレは嫌だしなあ。
④も難しい。…ま、これはそうだろうな、と思う。そうそう適当な紹介予定派遣先なんかないでしょ。

なので、基本的には②になると。
要するに今の派遣先で直接雇用が無理なら、なるべく同様の労働条件で派遣先を探しますよ、ということ。
ただ、早々都合良くは見つからないのでそのあたりはご了承下さい、って言われたけど、それって「義務」じゃなくて「努力義務」とおんなじじゃん(笑)

っつか。
正直、派遣にしろ直雇用にしろ今のサポセン現場で私が1月から抜けちゃったらマジ困ると思うぞ。
営業と面談した後、サポセンで一緒に勤務してる社員さんたちにその話したら、やっぱりそりゃ上(本社の人事)と意思疎通が出来てないんでないかい、という話。
で、一応現場で一番偉い部長さんに確認のメール出してみた。
1月からの雇用がないならないでハッキリしてもらわないと、すぐにでも就活始めなきゃいけないし。

夏休み明けに返信メールが来て「無期雇用契約で継続、という希望を派遣元に出している」と。
この“無期雇用契約”が今イチわかんなかったんで、ググってみたけど要するに派遣労働者(私)と派遣元が無期雇用契約を結んだ上で、派遣元と派遣先が私を無期雇用派遣労働者として契約する、ってことなのかな?

営業と話した時にこの話はこれっぽっちも出なかったので、派遣元では私と無期雇用契約する気はないんだと思う。
5年以上経過してれば労働者側からの申し入れに使用者は拒否出来ないんだそうだけど。
私はまだ4年半だし、そもそも派遣元と無期雇用契約はちょっとなあ…。

これからまた就活もめんどいし今と同じ位の条件は難しそう。
実家のクリニック勤務もあるから出来れば少し日数減らして今のとこに継続出来たらいいんだけどなあ。

ただ派遣先が無期限派遣雇用に固執するならそれはもう派遣元と派遣先の話し合いで私は関与出来ないし。
いっそもっと時給低くても土日休みで短時間パートを探すべきか。
スポンサーサイト

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

GEM TV ASIAさん、有難う!

今更だけどJUMPが香港行った時の動画。
GEM TVさんがFBにアップしてくれて有難い。

視聴出来るんだけど何故かこれだけ上手く動画保存が出来なくてだな〜。
埋め込みでブログにアップしとくわ。

相変わらず粘土遊びにわちゃわちゃしてるJUMPちゃんがめっかわです♡





テーマ : Hey! Say! JUMP
ジャンル : アイドル・芸能

裕翔くん、お誕生日おめでとう♪

今回から予約投稿をやめて当日投稿にしてみました。
これからなるべく当日にリアルタイムでお祝いする。
それとメンバー全員にお誕生日お祝いブログをアップするのはおしまいにします。

裕翔くん、25歳おめでとう!これでまた山ちゃんと同い年〜。
折しも今朝は新曲MV解禁で朝からTLが湧いてます。
アルバムリード曲だけど、久々裕翔くんがガッツリセンターだ。
180センチの高身長が真ん中取るとド迫力だなあ。

8人でもV字フォーメーションをバランス悪く感じさせない振付だった。
そして、何、あのメイキング…。
山ちゃん撮らせたら右に出る者の居ない驚異の中島カメラ。

最近のゆとやま供給過多が幸せ過ぎて怖い…。
何、何なの、何かあったの、そこんとこ詳しく、オモテに出せる範囲で。
なぬ、出せない?倫理に抵触!?
…そ、そうか、じゃ、妄想の限りを尽くすよ(笑)

裕翔くんは月9も決まったしね〜。
しかも扱い的にはW主演的な?
ジャニタレで文句言ってる原作ファンは一度裕翔くんの演技見てから言って欲しいわ〜。
まあ、どんな役者が来てもそもそもリメイク自体に反対、という原作ファンはしょうがないけど。
漫画やアニメファンの狂信的原理主義者からのバッシングに比べればマシじゃないかと思ってるんだけど甘いかな…。
そっちは自担で散々慣らされてるので結構メンタル鍛えられてるつもりだけど。

個人的嗜好ですがバラエティ番組はJUMPが出てなきゃ見ないし、昔からお笑いとか全く興味ないので、山ちゃんと裕翔くんがドラマ班で本当によかったなあ。
昔に比べてJUMPのメディア露出も増えてレギュラーも多くなったので、それは有難いとは思ってるけど正直情報番組やバラエティやトーク番組を毎回録画しチェックして視聴するのがしんどくなってきた。
究極はいたジャンだけでいい位だもん(笑)
もっとAI技術が個人仕様に特化してウチのHDDがJUMPのとこだけ編集しておいてくれないもんだろうか!

今年のライブツアーは11年目ってことで事務所的に塩対応されてんのか(明らかに…)ハコは小さいし回数も少ないし、受かる気がしなかったけどナントカ行けることになったので、落選しちゃったファンの分まで有難く楽しまなきゃ!
昨年はアニバーサリーってことで当然シングル曲メインの構成だったし、古参も新規も楽しめる内容にしようというコンセプトが伝わって来たけど、多分今年はかなりマニアックに攻めたセトリになりそう。

めっちゃ嬉しい。

今までのライブだったらsmartが一番好きなん。
好きなのに一番参戦出来なかったんだよな〜。
アレ位、マニアックなカンジでいいよ!

っつか、ファンもライブ参戦するならせめてアルバムちゃんと買って聴き込んで来いよ、と思うんだけどね。
まあ、ファンじゃないコも来るんだろうしな。
他Gと掛け持ちだったりするとCDアルバム買う余裕もないかもしれないし。

ファンとして応援の仕方や参戦スタイルは人それぞれ自由。
そう思うようにしてる。
修行足りなくて時々もやもやしちゃうけど。

そういう意味では私もファンサのアピール団扇は持たないし、声も出さないしあまり踊らないし、開場前のJUMPコールもアンコールもしないので、これをファンマナー悪い、って言う人も居るし(何でだよ)
でもファンサもらいにコンサート行ってる訳じゃないので。
だからファンサマシンの裕翔くんの恩恵には与れない(笑)
これに関しちゃ山ちゃんの考え方のが好きだよ。
アピールの度合いが好きの度合いとイコールな訳じゃないもの。

今日は裕翔くん、仙台に行ってるっぽい?
お誕生日当日がJUMPのオシゴトでちょっと嬉しいな。
せっかくだから美味しいモノ食べておいで〜。
嫁(山ちゃん)とは一緒じゃないらしいけど(笑)

テーマ : Hey! Say! JUMP
ジャンル : アイドル・芸能

Good-Bye, ...and Good Luck!

ご無沙汰です。

いい加減、気持ちを切り換えようと脳内整理にブログ入力画面を立ち上げるも、まだ色々感情の針があっちこっちに揺れ動いて定まらない。
それでもネットに今回の予兆が初めて出てから今日でちょうど一ヶ月になるので、ここらで一区切りさせようと思う。
まだ全然気持ちの整理がついたとは言い難いので、かなり情緒不安定な内容になるかもしれないけど、そこは文章綴る行為自体が整理してく作業という側面もあるので。

個人ブログで今更こんなことを明記するのもアレだけど、ここに上げるのは全て個人の感想です。
TwitterやらのSNSで鍵垢でなく発信する時はそれなりに誰が読んでるかわからんことを頭に置いてるつもりだけど、自分の個人ブログをわざわざアクセスしてまで見てる人にはそれなりに自己責任で自分の感情のケアをお願いします。

自分、芸能人の知り合いでも関係者でもそっち方面に詳しい訳でも(寧ろ疎い方だと思う)何でもないからね。
あくまで一般人の目からメディアを通して見て勝手にこうであろうかと根拠なく想像して感じたまんまを綴ってるだけなのでそこの処、誤解なきよう。

6/20(水)ネットに圭人がJUMPを脱退する、という週刊誌の予告記事が流れ、翌21日に記事が出て、6/23(土)22:00に公式ページでメンバー全員の動画が配信された。
圭人がアメリカの演劇学校に2年間の留学をすることになり、その間グループ活動を休む形になるという。
9人での活動は今年の9月末まで、ツアーはやるけど(この時点で詳細は不明)8人でのコンサートになる。
以上をメインは最年長の薮ちゃんと当事者の圭人の口から語られた。

翌24日には公式ページトップに圭人の挨拶がアップされました。


週刊誌やネットの憶測記事から日が経たないうちに公式から発表があるというのはそれなりに進歩した社会になったなあという印象。
少なくともメディアに送られるFAXやメールの誰が考えたんだかわからない味気ない文章より動画でメンバー自身の姿と声を確認出来るのは有難い。

それだって言わされてるかもしれないじゃん。
所詮アイドルなんて商品なんだから上の言いなりだよ、という意見もあるでしょう。
確かに勘ぐればどんなことだって考えられちゃうし(なまじ長年の二次創作歴でそのあたりの想像力は無駄に豊かなんである)裏の事情を疑えばキリがない。
それを踏まえた上で諸々ひっくるめて本人たちの口から出た言葉は信じて受け止めようと思う。
ここは基本。大前提。

っつか。
件の動画は2回しか実は見れてない。

流石に解禁した直後の時間はアクセス集中して40分程粘ったものの接続出来ず、我慢仕切れなかったんで見れた友達からLINEで概要を教えてもらい内容は把握していた。
日付変わる頃にようやっと繋がって動画開いたものの、圭人の隣に居る山ちゃんの顔の表情があまりに苦しそうだったもんだから、胸が痛くて圭人の言葉も薮ちゃんの声も全く耳に入らなかった。
辛うじて後ろの裕翔がこわばった表情の山ちゃんの分まで笑顔で何度も安心させるみたいに力強く頷いてたのが視界に入って来た位。

にこりともしなかったもんね。
口の端を緩める程度のこともなかった。

山ちゃんが単独で一言も発しなかったので、心が千々に乱れ収まりがつかない山田ファンの心を見透かしたのか、動画配信数時間後に山ちゃんが率先してブログをアップしてくれた。
立場的に言えないこともいっぱいあるだろうけど、山ちゃんは嘘は吐かない。
これまでずっとそうだったもん。
だから前日の動画配信でも表情を作ることはしなかった、出来なかったんだと思う。

自身のブログで、今回の件に納得しきれず、それでも圭人の意思を尊重して、現時点での色々複雑でまだ持て余している感情を正直に吐露してくれて、その上で今思う最善だと信じる前向きな気持ちを山ちゃん自身の言葉で語ってくれて本当に嬉しい。
山ちゃんが自担なの、誇りに思う。

これまでJUMPに居る山ちゃんが好きで、山ちゃん自身とおんなじ位にHey!Say!JUMPというグループが好き、と思っていたんだけど。
今回の件で自分で思うよりずっと山ちゃん個人が大事だったんだなあ、と痛感しました。
正直、山ちゃんにこんな辛い思いさせる圭人を恨んでしまいそう、と言うか、やっぱり心の何処かで圭人のことを責めてるのかもしれない。
だって出来ることならこの世のありとあらゆる苦難を排除してあげたいんだもん!←親バカ的

それと自分のことを言っちゃえば、メンバーが減る経験は二度目なんでね…。
龍太郎の時は2011年やっぱり6月末だったよ。
流石に9人のHey!Say!JUMPには慣れたけど、それでも別に当時の傷が完全に癒えた訳ではないの。
寧ろ封印して触れないようにしてただけなので、掘り起こされると当時の傷がフレッシュなまま血を噴くの。

圭人の場合は不祥事じゃないし無期限休止でもないし、なかったことにはされないだろうけど。
個人的には2年で帰って来られる保証なんてないって思ってる。
だって公式発表の何処にも「2年で圭人がHey!Say!JUMPに復帰する」とは明言されてないんだよ?
圭人が留学する学校が2年、とあるだけで。

龍太郎の時はこれでも籍が消えるまで(3年ちょっとだったかな?)ずっと待ってた。
月日が経ってどんどん復帰が望み薄になっても「待っている」という姿勢を取り続けないと戻る可能性の芽も摘んでしまうから、定期的(月イチ位)に事務所宛に手紙出して「待ってる」アピールもした。
所属アーティストから名前が消えて、しばらくして他でデビューが決まった時にやっと諦めた。

これをもう一度はやりたくない。やる根性ない。

ってか、また一番仲良しが山ちゃんの元から去るのかよ!
酷いよ、山ちゃんが何したんだよ…。

……いや、わかってます。わかってますよ、理不尽な言い様ですね。
所詮、自担が最優先、理性ではわかってるけど感情的にどうしようもない。
つい八つ当たりしちゃいそうになっちゃう。

圭人もよくよく考えた上でそれが一番良い選択だと思ったんだろう。
優しい割に頑固で自分の決めたことを翻さない性格、というのは以前から評されてたし。
きっと何度もメンバー内で話し合ってこの結論に至ったんだろうから、今後もHey!Say!JUMPというグループを応援していくならグループとしての決断も受け入れてかなきゃならない。
ファンにあるのはファンを辞める権利位です。

この一ヶ月、色々脳内シミュレートして(幸か不幸か7年前の経験値がサンプルで精度は高い)今後もJUMPのファンをやってく覚悟があるかどうか逡巡してた。
山ちゃんもJUMPも好きではあるけど、映像にしろ雑誌記事にしろ、それを目にする度に巻き起こる感情が「楽しい<<<辛い」だったらファンやってる意味なくね?

そんなこんなで彷徨ってたこの一ヶ月ですが、やはり時間の経過は偉大で、それなりに平気になって参りました。
結局山ちゃんは大好きだし、JUMPも大好きだ。結論から言って今後もHey!Say!JUMPは応援してく。
ただ圭人のことは待たない。もういつ帰るかわからない人を待ち続ける精神的体力がない。
今後は極力8人のHey!Say!JUMPに慣れるべく努力する。

勿論、圭人のことを嫌いになった訳じゃない。
圭人が自分とHey!Say!JUMPというグループのことを考えて彼がこの選択が最善、と思って決めたことを尊重してあげたい気持ちはある。
でも。
やっぱりどうしてもどんなに良い捉え方をしてあげようとしてもその選択を支持してあげられないの。

だって結局、Hey!Say!JUMPというグループより仲良しの山ちゃんより自分を取ったんだよね。
いや、それは責められることじゃない。誰だって最終的には自分が一番大事。
きっと圭人のことだからJUMPのことも考えて自分を成長させるために選んだ留学という道なのかもしれない。
それでも一時にせよメンバーが一人減るグループのデメリットより自分の成長(する可能性)を重視したんでしょ?
ある意味、圭人自身がJUMPの中の自分を過小評価してたのかも。

今回の一連の出来事を他に例えて一番自分的にしっくり来たのが、同担が担降りしちゃったってケースかな(笑)
ずっと一緒に応援して来た同担の友達が何かの理由で担降りしちゃった場合、凄く淋しいし納得出来ないしでも強制出来ないし、友達自身をソレで嫌いにはなれないし付き合いも続けるけど付き合い方は変わるかな、みたいな?
そしてそのコがまた出戻りしてくれたらその時は嬉しいけど前と同じ気持ちにはなれないよなあ。

2年後、想像してたより遥かに圭人が成長して、ホントにHey!Say!JUMPに戻って来てくれたらそれは素直に嬉しいし、自分の誤った見識を詫びるし、待てずにいた不実な自分を謝罪して、心から喜んで圭人を迎えるよ。
寧ろそうなってくれたらと心の底から願う。

龍太郎の時も思ったけど究極、JUMPのコたちみんな、どんなカタチにせよ幸せになってくれさえすればいい。
出来れば今のJUMPが大好きなのでこのまま9人で活動して欲しかったけどそれはファンのエゴだよな。
メンバーの幸せとファンの望むことが完全一致することはないし。

だから圭人にもこの選択を後悔しないような未来であることを願う。
2年後、JUMPに凱旋復帰してもしなくても、圭人にとって実りの多い2年でありますように。
ただ。やっぱり私は何より山ちゃんが一番大事なので、山ちゃんから笑顔を奪ってこんだけ哀しい想いをさせた圭人に虚心ではいられない。
勿論、それも覚悟の上だよね?JUMPメンバーも「帰る場所はない」位の気持ちで、と言ってたもんね?
そういう覚悟を背負って死に物狂いで頑張って来い!

自分も9月までには一点の曇りなく笑って圭人を送り出せる心境になれるよう精進する。
最後にこの件でちゃんとした取材を元に偏見ない視点で書かれたと思われる記事を張っとく。
佐藤結衣の『ラジオdeジャニログ』

テーマ : Hey! Say! JUMP
ジャンル : アイドル・芸能

いのちゃん、お誕生日おめでとう♪

28歳おめでとう。

今日はいのちゃんの大好きな白米の美味しいお店でランチ、お誕生日のお祝いをJUMP友達とした後、光くんと雄ちゃんの舞台『薔薇と白鳥』を観劇に参ります。

いのちゃんは山ちゃんと並ぶとJUMPの美貌のツートップというカンジで大変目の保養。
勝手な個人的感想としてはいのちゃんは役者よりかはやっぱMCとかリポーター向きかなあ。
大ちゃんみたく天性のバラエティキャラって訳じゃないので情報番組のが向いてるような。

頭良いんだなあ、と思うことしばしば。
逆に周りが見えすぎての不幸、というのもあるかもしれない。
雄也と並んで自由人だな、とも思うけど、あのテキトーさは結構考えた末での敢えての言動って気もする。

でも確かにJUMPの中ではメンタル強い方なんだろうとも思うんだけど、それでも人間だしまだ20代の若造(笑)なんだから、色々辛いことも多いと思うよ。

時期が時期なので無心にお祝いの言葉を贈ってあげられなくてゴメン。

でも今日は精一杯いのちゃんのお誕生日お祝いをしてあげようと思う。
いのちゃんも楽しいお誕生日を過ごせていますように。
実りのある28歳を♡

テーマ : Hey! Say! JUMP
ジャンル : アイドル・芸能

時計
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
四季の風景時計
月と星と妖精ダスト
フラワードーム
プロフィール

Author:朝香海唯

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
3Dメッセージ

マウスで見る方向変えられます

小鳥たちの呟き

蝶と花

毎日、花の色が変わります

ムーンライト
桜の花びら

マウスで見る方向変えられます

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR