『美女と野獣』

吹替版で観て来ました。
悪くなかったけど、次は字幕版で観たい。

『美女と野獣』はアニメ初公開も映画館で観たし、ミュージカルはブロードウェイと日本の劇団四季で観た。
それまでディズニーアニメではダントツ『シンデレラ』が一番好きだったんだけど、一気に同率トップに躍り出た位に好き。
ストーリィもヒロインもいいけど、ディズニーの場合やっぱり歌の魅力が大きい。
翌年公開された『アラディン』もテーマ曲がとても良かったし。
ちなみに今現在の私のディズニーアニメトップ3はこの3つ。

実写版『シンデレラ』がエンディング以外アニメの曲を使ってなかったんで、『美女と野獣』もてっきりそうかと思ったらバンバン劇中でもミュージカル映画の如く使ってたんで、開始3分で「しまった。字幕版で観るんだった」と後悔。
あれは原語バージョンで聴きたい。
ストーリィも殆ど展開は一緒だから台詞部分も充分聴き取れるだろうし。

冒頭のベルの歌も有名なテーマ曲も好きだけど、お城の家具達がベルをもてなす歌が大好きなんだよね。
ミュージカルでもアンサンブル曲が好きなの。
『オペラ座の怪人』でいうプリマドンナみたいの。
酒場のガストン礼讃歌(笑)もいい。

エマはハーマイオニーから大好きでビジュアルは文句無く美しかったけど、敢えて欲を言うならベルにはもうちょい背が高い方がいいかな。
でも野獣との対比が際立ってたから良いかもね。

アニメ版での最大かつ最重要かつ唯一と言っていい不満が魔法が解けて野獣から王子に戻ったビジュアルなんだけど、実写版ではそのトラウマ(笑)を払拭してもらえるだけのガッカリしないイケメンさんでした。
アニメは野獣が愛らし過ぎたのも原因だよねえ。
ホント、王子に戻った瞬間のあの落胆、ハンパないっす!
実写版でももうちょいあの変わらぬ蒼い瞳を強調してもよかったんじゃない?

ディズニーの『美女と野獣』がいいのはベルが単なるありきたりな性格の良い善良な美人じゃなく、野獣とのラブ展開もお互いの恋愛感情が芽生える過程を無理なく説得力ある展開でしっかり見せてるからだよね。
ベルが村人に“綺麗だけど変人”って評価で何となく遠巻きに忌避されてる、コミュ障じゃないのに孤独を感じてるとこが共感呼ぶんだよ。
ましてやあの本好き故に変わり者扱いされてるとこはオタクのココロにグッと来るぞ!

言い寄って来るガストンもベルの外見だけで女性を戦利品か賞品程度にしか思ってない性格がありありと描かれてるし、対照的に野獣が最初はそのカッとなりやすい乱暴で直情的な欠点を見せつけてからの、ベルの本質や内面の良さに(多分父親以外で初めて)気付いて彼女の喜ぶプレゼントをするエピソードの流れは見事だな。
アニメでもあったけど、本好きにあのプレゼントはかなり心を掴まれる(笑)

自分の好みから言えば、ダンス後のバルコニーシーンはもうちょい野獣の気持ちは溜めておいた方が後半のクライマックスが盛り上がったかも。
原文はどう言ってんのか確認したい。
あそこはまだ野獣もしっかりベルに告っちゃダメなんよ!
「このまま側に居て欲しい」位の曖昧な表現位に留めておいて欲しかったな。

お互い徐々に気持ちが近付いてくカンジが自然でいいんだよ。
ガストンが徹底的に卑怯な悪党なのも清々しい(笑)

ところで「Don't leave me」は美しい英語だよな。
和訳はやはり「死なないで」が適切なんだろうけど、主体は相手の筈なのに私(me)が入ってるとこがいい。
たった3語で相手の状態と自分の気持ちと相互の関係性を表す深くて強い言葉だな、と思う。

★☆☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

時計
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
四季の風景時計
月と星と妖精ダスト
フラワードーム
プロフィール

Author:朝香海唯

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
3Dメッセージ

マウスで見る方向変えられます

小鳥たちの呟き

蝶と花

毎日、花の色が変わります

ムーンライト
桜の花びら

マウスで見る方向変えられます

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR