明日はおそらく多分きっと来る

「明日なんて来なければいいのに」

現実逃避で本気じゃないにしても一瞬そう思ってしまったとして。
それを例えば口にしたりネットに投稿するのって非難に値するのか。
個人ブログだったらいいのか。
閲覧制限かけて完全に身内のみなら問題ないのか。

「明日を切望してる人だって居るんですよ」
「明日をも知れない人が目にしたら傷付くじゃないですか」

それは確かにそうだと思うけど、そういう弱音というか愚痴みたいのを言葉(カタチ)にすることで、気持ちの捌け口と言うか、ある種のストレス発散になるし、そういう気分の時って目にするかもしれない不特定多数の心情の考え得るあらゆるパターンを思い遣ってる余裕がない時じゃなかろうか。

完全無欠な人間なんて居ないから、気持ちが弱ってる時とか、時には暴言を吐きたくなっちゃう時もある。
理不尽な逆恨みで筋の通っていない悪態を吐きたい時もあるだろう。
特定の個人や対象に直接ぶつけたらイカンけども、言葉にすることである程度気持ちが晴れるなら、限られた場で吐き出す位いいんじゃないか、と思う。
少なくとも私が友達だったら発散させてあげたいし、聴き役になってあげたいな、と思う。

逆にそういうのを聴くのが不愉快だ、という人も居るので、友達だったらいいか、と言ったらそんなことはない。
大昔だけどある友達にチラッと母のことで愚痴を言いかけたらキッパリ「そういう話(家庭内のトラブルという意味だと思う)は聴きたくない」と拒絶されたことがある。
まあ、内心で思われてるより最初に断られた方がいいけどね。

人によって苦手ポイントはそれぞれなので、そこは気を付けないといけない。

個人ブログだったらいいか、と思っても以前、そこに書いた内容で窘められたこともあったしな…。
正直言っちゃうと他人の地雷なんてわかんないよ。
でも見ず知らずの他人の気持ちまでとても忖度してはいられないからそこは最低限に留めるとしても、リアルでお付き合いのある友人諸氏の気持ちは自分が気を付けられるモノならなるべく尊重したいとは思う。

私が「明日なんて来なけりゃいいのに!」と口にした処でほぼ間違いなく明日は訪れるだろうし、それは万人にとっての世界の壊滅を望んだ言葉でもない。

これをもうちょい正確に「明日になる前に死にたい」と言い換えればOKなのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

時計
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
四季の風景時計
月と星と妖精ダスト
フラワードーム
プロフィール

Author:朝香海唯

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンタ
3Dメッセージ

マウスで見る方向変えられます

小鳥たちの呟き

蝶と花

毎日、花の色が変わります

ムーンライト
桜の花びら

マウスで見る方向変えられます

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR